月別アーカイブ: 2018年8月

弾力をなくしてしまう

お肌のくすみの理由として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。オヤツなどで糖分を摂り過ぎてしまうとお肌の外側からいくらケアしても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱められているのではないでしょうか。コラーゲンと糖が結びつき、老化を進める糖化物質ができることをコラーゲンが糖化したと考えています。

お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてちょーだい。身体の表面を覆う皮膚には、隅々に至るまで毛細血管が網羅しており、表皮や真皮といった皮膚を構成するすべての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。

喫煙時、吸い込む煙にふくまれる化学物質の作用によって、すべての毛細血管は収縮してしまいます。

そのせいで毛細血管の先々まで栄養が行き届かなくなり、老廃物の排出も滞ります。必要な酸素や栄養が届かないので、表皮の機能は落ち、肌のバリアとしての働きが弱まり、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。

そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、しわやたるみが増えてしまうのです。

肌の事を考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。

シミの正体とはいったい何なのかといえば、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。

ターンオーバーの促進でシミを薄くすることが期待できるのですが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、さらにその効果が期待できるのです。でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。これくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が急に顏の中で存在を主張し初める気がするからです。

38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ケアを施せば次の日、すぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳以降肌の調子がもとにもどるのに、少々時間が必要になってきて、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、毛穴の汚れや角質などが落ちて、気になっていたシミも薄くなってきたという話がインターネットで広がっていますが、場合によっては、お肌が傷ついてしまうため、注意が必要です。

重曹というものは精製度によって、掃除や洗濯用、食品用、薬品用などが存在します。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、力を入れて洗わないよう気を付けてちょーだい。

洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、たっぷりと潤いを与えてちょーだい。

「減量効果が高い」と聞いていたので、以前から興味のあった、ファスティングダイエットを試してみると、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、なんだか、顏だけでなくあっここちらにしわが増えてるように見えます。

ファスティングダイエットとしわの増加がなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。美白成分といっても様々ですが、特にプラセンタがシミに対して有効です。シミの原因ともなるメラニンの生成を防ぐという働きをしてくれます。

それから、いろいろなパワーを持った成長分子を保有しているので、新しい細胞を作り出し、古い角質だけでなくシミも一気にはがれやすくしてくれるのです。その他の効果としては、コラーゲンの生成を高めるので、美肌を手に入れるの最適でしょう。女性にとってこんな嬉しいことはありません。

肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

。アラフォーってそんな感じですよね。

個人差はありますが、だいたいそのくらいになると妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、目の下に大クマが出たて口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、たとえば若い頃なら肌が荒れても疲れていてもきちんとケアをして睡眠をとった翌朝には復活していたものです。

でもなぜだか急に、復活しなくなってくるのです。「最近忙しいの?」と聞かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。心配なので化粧直しの回数も多くなりました。自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。

誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力次第で変えることが出来るのです。肌はただ年齢によって老化するのではありません。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。効果的にシワを防ぐには、PA値の高い日焼け止めを利用したり、防止や日傘などで紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。

もし日光に長時間晒された場合は必ず火照りがなくなるまで冷やし、クリームや低刺激性の化粧水で充分なうるおいを与え、シミやシワの元を作らないように心がけましょう。

肌の劣化防止に役立つはずです。ここ数年間のことですが、肌のしわのことが結構深刻に気になってます。内心特に何とかしたい気持ちでいっぱいなのは目尻の笑じわでしょうか。目の周りは薄い皮膚だから、しわができやすいということで、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄いということは、乾燥に弱いということでもありますから、クリームを塗り重ねることで、保湿を何より重視するよう頑張っています。